H&P ハリマ調剤薬局 ホーム サイトマップ 社内専用
トピックス

季節の話

インフルエンザにかからないためにはどうすればよいですか?

1) 流行前のワクチン接種

インフルエンザワクチンは、感染後に発病する可能性を低減させる効果と、インフルエンザにかかった場合の重症化防止に有効です。予防接種をすると絶対に罹らないわけではありません。

2) 飛沫感染対策としての咳エチケット

インフルエンザの主な感染経路は咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。したがって、飛沫を浴びないようにすればインフルエンザに感染する機会は大きく減少します。インフルエンザの飛沫感染対策としては、普段から皆が咳エチケット

1.    咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと

2.    ]咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをすること

3.    手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うこと等)を守ることを心がけてください。飛沫感染対策ではマスクは重要ですが、感染者がマスクをする方が、感染を抑える効果は高いと言われています。

3) 外出後の手洗い等

流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法です。インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高いですから、アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

4) 適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(5060%)を保つことも効果的です。

5) 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

6) 人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、特に御高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、疲労気味、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えたほうがいいです。やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、マスクを着用することは一つの防御策と考えられます。その際のマスクもウイルスを防ぐと記載されているマスクがいいです。

 


お屠蘇

日本には元旦の朝、家族一同がそろって屠蘇酒を飲む風習があります。1年間の長寿健康を祈願する慣わしです。数種類の生薬を調合した屠蘇散(屠蘇延命散)を、清酒やみりんに一晩漬け込むお祝いのお酒です。
元日に薬酒を飲むことで1年の邪気を払って、寿命を延ばせると言う中国の伝説に基づいています。
お屠蘇の由来
むかし嵯峨天皇の御代、弘仁年間(今より千百余年以前)、中国の博士・蘇明が和唐使として来朝のとき伝えたもので、天皇四方拝(元旦)の御式後、お酒にこの屠蘇を浸して御用いになりましたのが始まりです。
お屠蘇には、山椒,防風(ぼうふう),百朮(びゃくじゅつ),桔梗・細辛(さいしん),乾姜(かんきょう),肉桂(にくけい)など様々な薬剤が使用されてます。

花粉症

花粉症治療は、大きく分けて「薬物療法」、「減感作療法」、「手術療法」があります。

★薬物療法

 様々な飲み薬がありますが、 主に抗アレルギー薬と呼ばれる 飲み薬が用いられます。最近では、眠気やだるさ、口が渇くなどの副作用が?なく、効果も早いお薬もあります。 症状によっては漢方薬 や点鼻薬なども併せて用いることがあります。 自分にあったお薬を処方してもらうために、一番つらい症状や眠気が起こる のは困る 、他にも飲ん でいるお薬があるなどといった情報を医師、薬剤師に伝えましょう。

初期療法のメ リッ トとは

●症状の出現を遅らせる。

●飛散量の多い時期の症状が軽くなる。

●使用する薬の量や使用回数を?なくできる。

花粉の飛び始める2週間くらい前から抗アレルギー薬の使用を始める治療を、『初期療法』といいます。花粉症の症状がひどくなってからでは、薬が効きづらくなります。症状が軽いうちに薬を使い始めると、花粉の飛散量が多くなった時期でも症状をコントロールしやすく、そのシーズンの症状を軽くすることができます。早めに受診して医師とよく相談してみましょう。【参考】 協和発酵キリンホームペー

 

スギ花粉症に新治療

現在、健康保険が使えませんが、花粉エキスを舌の下の粘膜から吸収させる「舌下減感作療法」という新治療があります。皮下注射での減感作療法に比べ、痛みがなく、処方された花粉エキスの使用は、自宅で行なうことも可能ですので、通院回数も減らせるなどのメリットがあります。20146月頃に保険適応となる予定です。

レーザー治療

鼻粘膜にレーザーを照射して鼻のアレルギーを起こす部分を減らし、また、鼻粘膜のアレルギー反応を鈍くしようという治療です。健康保険が使え、治療効果が高く副作用がない事から、普及してきている治療法です。花粉症の場合には、シーズン前に治療を終了しておくのが理想です。なお、レーザー治療は、あくまでも鼻の症状を軽減する治療であり、完全に症状を無くしてしまうものではありません。


風邪に用いられる漢方薬は?

○風邪に用いられる漢方薬は?

一般に「風邪には葛根湯(かっこんとう)」と言われていますが、必ずしもそうではなく、その人の体力、症状、証の状態によって違う薬を用いたほうがよい場合もあります。

西洋医学では、現れた症状をとることで治療をしていきますが、漢方では、風邪をひいたら体を温めて治すことで治療を進めていきます。その為に必要となる漢方薬は、その人の病気に対する抵抗力の程度(虚証・実証)や、ひき始めや治りかけなど風邪の時期によって変わってきます。ゾクゾクする悪寒を感じる場合(寒性の風邪)や悪寒を伴わない場合(熱性の風邪)など、症状も重視されます。

例えば、比較的体力のある若い人や、子供が風邪をひくと高熱が出て、寒気がして体の節々が痛くなります。これは体が体温を上げてウイルスの増殖を防ぎ治そうとする防御反応です。それに対して、体が虚弱な人や、年配の方が風邪をひくと微熱が続き、疲労感や胃腸障害などが現れてきます。風邪がなかなかなおらない「こじれた風邪」もあります。このように、人によって風邪の症状の現れ方は様々です。

風邪は、かかっている時期によって症状が変わっていきます。そのため、症状に応じた薬を使用することが大切です。

~よく使われる風邪薬~

・葛根湯:体力がある人で悪寒、発熱、頭痛、首の後ろや背中のこりがあり、汗がほとんど出ない場合用いられます。
・麻黄湯(まおうとう):
葛根湯よりもさらに強力に発汗を促す薬です。体力もあり、高熱、強い筋肉痛や激しい悪寒などがある場合に用いられます。最近ではインフルエンザの初期にも有効ということが研究でも確かめられています。
・桂枝湯(けいしとう):
あまり体力がない人で軽症の風邪に用いられます。
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう):体力がない人で、寒気が強く、顔が青白く、咳、のどの痛みがあるなどの場合用いられます。
麦門冬湯(ばくもんどうとう):咳がひどい場合、のどに潤いを与えて咳を止めます。
竹じょ温胆湯(ちくじょうんたんとう):痰の多い咳で不眠が続く場合用いられます。
・小青竜湯(しょうせいりゅうとう):
喘鳴、水様性の鼻水、痰、くしゃみなどの症状を伴う場合に用いられます。
・参蘇飲(じんそいん):
胃腸虚弱で、やや長引いた場合に用いられます。

漢方では漢方独自の診断によって、その人の体の状態を確認して正常に戻すための漢方薬を用いて治療されます。


Q&Aコーナー

お薬と情報

リラックスの話

介護の話

医食同源の話

子供の病気と薬の話

季節の話

検査の話

病気の話