H&P ハリマ調剤薬局 ホーム サイトマップ 社内専用
トピックス

子供の病気と薬の話

お薬の飲み方

お子様のお薬の飲ませ方のヒント

お子様が、いやがってお薬を飲んでくれない等、お困りのお母さんはいませんか?
次のヒントを参考にして、お薬を上手に飲ませてあげましょう。
そして、お子様に1日も早く元気な体になってもらいましょう。


散剤(粉薬)

お子様のお薬のなかで、最も良く使われるのが、この粉薬とも言えるでしょう。しかし、味が悪い、苦い、むせる等なかなか飲みにくいものです。では一体どうすればよいでしょう。

それには...
1. 少量の水で練って上あごにくっつけ、水などを飲ませます。
2. 水に溶かしてスポイトで吸い上げ、お口の中に流し込む。
3. 味を隠すためにヨーグルト、アイスクリーム、プリンなどお子様が好む食べ物に混ぜるのもよいでしょう。
(注)ミルクに混ぜる場合は、お医者さんとよく相談してからにするのがよいでしょう。
(ミルクそのものを嫌って、飲まなくなってしまうことがありますので)

ドライシロップ剤

抗生物質など苦くて飲みにくいお薬を、甘くて飲みやすいよう にした細かい粒状のお薬です。
飲ませ方はと言うと...
1. そのままでも散剤(粉薬)とおなじように飲むことができます。
2. 水に溶かすとシロップ剤になります。飲むたび毎に、1回分ずつ溶かして下さい。 (溶かしたままで長時間放置すると、効きめが落ちることがあります。)

漢方薬

生薬を配合したお薬です。気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの慢性アレルギー疾患に時々使用されます。
"苦い""味が悪い"などの理由で、お子様には非常に飲みにくいお薬のひとつです。
どのようにすれば飲んでくれるでしょうか?

<丸のみできる子供様は>
1. オブラート2枚を重ね、1回分を2~3等分して入れます。
2. 丸くおりたたんで、たたみ終わりを水でぬらしてくっつけます。
3. スプーンにのせて、上から水を滴下します。(外側のオブラートが溶けてヌルヌルした状態になります。)
4. のみやすい飲み物といっしょにスルッとのんで下さい。

<丸のみできない子供様は>
* 1回量をのみきれるくらいの、少なめのぬるま湯に混ぜます。
砂糖、蜂蜜(1才以上)等で甘く味付けしてのんで下さい。

薬の飲み忘れに気づいたときは

 内服薬には消化管の粘膜面に直接作用するものもありますが、多くは小腸などから吸収された後、血液で全身に運ばれ、病巣(患部)に到達して作用します。
従って、薬の成分の血中濃度が一定以上に保たれるように、種類に応じて「一日一回、朝食後」「一日三回、食前」などと服用法が指示されています。

 飲み忘れると、薬の血中濃度が下がり、効果がなくなってしまうので、特に「一日一回」の服用の場合は、飲み忘れに気づいた時点で服用するのが基本です。
しかし、一日に複数回に分けてのむ薬の場合には、薬効上の問題を含めて次に薬を服用する時刻との兼ね合いもありますから、その対処法を事前に医師や薬剤師に聞いておいた方が無難です。


Q&Aコーナー

お薬と情報

リラックスの話

介護の話

医食同源の話

子供の病気と薬の話

季節の話

検査の話

病気の話