H&P ハリマ調剤薬局 ホーム サイトマップ 社内専用
トピックス

検査の話

肝臓病に関する検査

肝臓の状態を知るための検査の代表的なものをあげてみます。 血液の検査の値は検査をする方法によって正常値が変わることがあります。
 《 》内は,正常値です。
    GOT,GPT 《GOT・・・5~35 KU/mL,GPT・・・5~25 KU/mL》
  GOTはGutamic- Oxaloacetic Transaminase(グルタミン酸・オキザロ酢酸アミノ基転移酵素) の略です。
  GPTはGutamic- Pruvate Transaminase(グルタミン酸・ピルビン酸アミノ基転移酵素) の略です。
  で,このふたつを通称「トランスアミナーゼ」とよびます。
  これらは肝臓の細胞の中に存在する酵素です。

  細胞が何らかの原因(炎症など)により破壊されると、細胞質中から血液中に流出します。 ですから,血液中のトランスアミナーゼの量は壊された肝細胞の量に比例して高くなります。
ただしGOTの数値はほかの疾患、たとえば心筋梗塞などでも高くなります。

   γ―GTP《40単位以下》
  ガンマ・グルタミル・トランスペプチターゼ は肝細胞膜と肝臓内の胆管にある酵素で胆管や胆嚢に障害があると血液中に増加してきます。 
  この酵素は、アルコールの摂取量と密接な関係があり、アルコール性肝障害の人は高く、また、飲酒量の目安となります。 脂肪肝の場合にも高くなります。

   ChE《0.6~1.2?pH(フェノールレッド法),1900~3800 IU/L(ブチリルチオコリン法),1100~1900 IU/L(ベンゾイルコリン法)》
  コリンエステラーゼは肝臓でつくられる酵素で、肝臓の機能が低下すると造られる量も減少するため、血液中の値も低下します。 しかし、肥満を伴う脂肪肝の場合は値が高くなります。

   LAP《200以下(ゴールドバーグ・ルーテンブルグ法),30~80 IU/L(LPNA法)》   
  ロイシンアミノペプチターゼ は腎臓や膵臓などの臓器にも含まれる酵素ですが、胆汁中に多く含まれるため、胆汁の流れに問題があると検査値が上昇します。


Q&Aコーナー

お薬と情報

リラックスの話

介護の話

医食同源の話

子供の病気と薬の話

季節の話

検査の話

病気の話