H&P ハリマ調剤薬局 ホーム サイトマップ 社内専用
ハリマ調剤薬局の取り組み
経営方針と目標

お客様のニーズに合った店舗作り
調剤業務を主体として、それぞれの店舗のコンセプトにより、一般薬の販売、介護用品の販売などニーズに合った店舗作りを行います。店舗に応じた薬剤師、補装具認定技能者、福祉用具販売相談員、栄養士を置きます。

スタッフへの充実した研修体制
薬剤師の固有の任務を確実に遂行するため、人格・知識および技能を磨くために外部の研修会に参加し、内部でもTQC活動、各種研修会を実施し、スタッフ各々に対して積極的に評価しています。

医師と患者さんをつなぐコミュニケーション作り
患者さんが医師の前では忘れていたり、遠慮して言わなかったことでも、薬局との間にワンクッション置くことにより薬局で喋ることがあります。ときに、その話の中に医療上重要なこともあります。薬剤師が知り得た情報をフィードバックすることが重要な仕事と考えています。医師とのコミュニケーションが円滑にいくためには、当然の事ながら医師との間に信頼関係が構築されてこそ、患者さんも私どもの薬局で薬をもらってよかったと思っていただけると考えています。

「かかりつけ薬局」を目指して
コンピューターを積極的に活用して、業務の効率化、正確な調剤、相互作用のチェックなど薬歴管理とともに「かかりつけ薬局」になるために努力しています。

薬剤師の活躍の場を拡大
薬剤師も、薬局外に積極的に出て職能を発揮するため在宅訪問薬剤管理指導業務、介護用品の相談及び販売を行っています。

レセプトコンピューターと薬局内システム制御コンピューターで制御された自動錠剤分包機 調剤業務の機械化のためと患者さんの服用過誤の防止のため、一回服用量の薬を一袋にするための機械です。